自然に乾いた花たちの競演


今回は「植物生活」のサイト内で

BOTANICAL PHOTO AWERDコンペティションがあり投稿した作品です。

テーマは「ドライフラワーデザイン」。

過去にブーケを作った花材でドライになりそうなものは

そのままなんとなく放置しているうちに乾いた枝や実ものが

部屋の片隅でカオス状態になっていたので、その花材たちでとりあえず試してみよう!

と、生け花感覚でつくりはじめたら、なんだか楽しくなってきて・・・

軽いし表面がザラザラなので留まりやすく、生花では組み合わせることのない花材でも

その質感と色味に統一感があるので、深く考えなくてもまとまります。

このユーカリは2年前のあの時の、このリューカデンドロンはあの時の・・・と

ブーケを作った時のことも思い出して・・・

時間が内包されているドライフラワーの魅力を改めて感じました。

ただ、ちょっと油断するとバキバキ折れてしまうので迷わず大胆に、そして繊細に。

Recent Posts
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us