残りの花材でもう一品。9


ブーケを作る時にボリュームを出したり、

花をしっかり留めてくれたり

クッション役として大活躍のシャラ(夏ツバキ)の枝。

華やかなブーケを影ながら支えてくれた

残りの枝を改めて見ると

葉に隠れるようについているつぼみは

かすかに光沢があってツルッと丸くてとてもきれい。

このつぼみの光沢感を見せたくて

枝の整理のために切り落としたアジサイの葉を

水を入れたプレートに並べ、つぼみを散りばめて

房スグリの実を添えました。

(ふと、宮沢賢治の短編「十力の金剛石」を思い出し、

宮沢賢治風に言うと

「葉影にゆらめく光は南洋パールの娑羅の蕾」、

と、心の中でつぶやくのでした。)

娑羅のつぼみは南洋パール、

房スグリの実はルビーとエメラルド・・・

森の中のキラキラとした宝石、、そんな気分です。

Recent Posts
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us

    © 2016 mayu takahashi